あの芥川賞作家が親知らずについて涙ながらに語る映像

PR

親知らずとか、希望とか、見えないものも乗せている。

先日親知らずを抜歯しました

上下全部で4本

全身麻酔でもれなく3泊4日の入院付きで

手術の様子などは追々書いていきます。

手術時間2時間の大手術

手術自体は記憶なしなのでなんともありませんが、術後の痛みがひどい

顔はおたふくみたいにパンパンだし、抜いたとこは痛むし、頭痛はひどいし、ご飯は食べれないし散々です

せっかく一人でゆっくりできるかと思いきやただ痛みに悶えているだけという悲しい結末

親知らずを抜くと腫れて痛いというのは聞いていましたが、ここまで辛いとは

4本一気に抜いたからなのか

只今人間としての機能を失っております

親知らずの売れ筋情報や人気の秘密をを紹介、壇されない商品選びになる記事もあります

みなさんおはようございます。

Kデンタルクリニック院長のカネダです(=゚ω゚)ノ

お盆休みの間、娘がおたふくかぜにかかってしまい、どこにも行けずに終わってしまいました

みなさんは旅行などお楽しみになられたでしょうか?

先日、とある患者様から質問をいただきました。

「 インプラントって事故が多いって聞くのですが、そうなんでしょうか? 」

確かに、医療事故と言われても仕方がないような事例もあるようです。

ただし、事故は偶発的に「起きる」ものは実は非常に少なく、

人為的に「起こる」ものは未然に防ぐことができるのです。

手術である以上、もちろん100%何も起きない手術はないと思います。

盲腸の手術でも医療事故で死に至るケースは0ではないと思います。

ただ、医療従事者の怠慢によって起こるいわゆる医療ミスによる事故は

十分に予防できるのです。

まずインプラントに関して言えば術前診断が非常に重要です。

近年、インプラント治療は補綴(かぶせを作る治療)をベースとして

診断が行われるようになりつつあります。

これは大きな間違いです。

インプラントは手術ですので、外科主導でなければいけません。

それを補綴科医の傲慢な考えによって、いつしか

インプラントは簡単な治療

インプラントは咬み合わせの理論に基づいて治療すべき

などと言ったことを平気で謳う歯科医が増えてきております。

それに伴い、全国でインプラントの重大な事故、時に死に至ったケースを耳にするようになってしまいました。

もちろん、咬み合わせや歯周病の状態、生活習慣などさまざまなファクターを加味して

インプラントの適否に関して正確に診断し、治療計画を立てるべきです。

しかし、もっとも重要なのはインプラントが生着するか否かではなく、

「 安全に治療できるか否か 」 なはずです!

歯科医師ももう一度医療の原点に戻り、

「 安全性を最重視したインプラント治療 」

を提供できるよう研鑽すべきです。

当クリニックでは術前に模型、口腔内写真、単純X線、CT これら全てを用いて

しっかりと診断を行ってから治療の説明を行います。

もちろん、手術にリスクを伴う場合はお断りする場合もあります。

リスクを少なくする方法がある場合はご提案しております。

インプラント治療は治療後の満足度は非常にたかく、素晴らしい治療であることは間違いありません。

せっかくこのような素晴らしい治療があるのに、安全性を度外視するのはもったいないです。

歯がなくて困っている皆様に、安全に治療を受けていただき、ご満足いただけるよう努めております。

かぶせもセラミックで審美的にかなりきれいに仕上がり、本当に天然の歯のように噛めるようになります。

インプラントにネガティブなニュースもありますが、この素晴らしい治療を突き詰めていきたいと思っております。

それではまた

Kデンタルクリニック

院長:金田祥弘(かねだよしひろ) 歯学博士・日本口腔外科学会認定医

神戸市中央区加納町3丁目1-26 セントラルシティ神戸三宮駅前第一ビル2階

Tel:078-333-1585

メール:

HP: http://www.kdental-c.com

神戸 三宮 の歯医者

審美 ホワイトニング インプラントのご相談随時受付。

診療科目:一般歯科 口腔外科 小児歯科 矯正相談

親知らずの相談、抜歯は日本一の抜歯職人の居るKデンタルクリニックまで。

PR

コメントは受け付けていません。