親知らず 奇抜は風化する、本質は残る。

PR

親知らずが初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと

こんばんは

いつも読んでくださってありがとうございます?
いいね、コメント、読者登録も嬉しいです
えーと(;´Д`A
しばらくお休みするとか言いながら、早々にブログに帰ってきちゃいました
ごめんなさい
今回、実に何年かぶりに母とケンカしてしまっていたのが全ての元凶でして。
大まかな内容としては
母:12日に姉と兄と3人で出かけると言い出すが、行き先はかたくなに教えてくれない(いずれにせよ12日は私は結婚式の為参加はできない)
私:あまりにもかたくなに教えてくれない上に、からかうようにゴマかすのでキレる。なぜなら母が子供に隠しごとをする時は悪い話の時のみなので、癌やその他大きな病気の可能性があるから。
結局その夜母には教えてもらえず、仕事から帰宅した姉を泣きながら問い詰めて←教えてもらったところ、
簡単にいうと首の後ろの脊椎にちょっとトラブルが起こっていて両手足に痺れがあり、それの病院に行くとのこと。
命に関わるわけではないけど、どんな話になるか分からないから、せっかく結婚式を楽しみにしているはなには結果が分かるまで秘密にして欲しいと言われたそうです。
もうね、は?って感じですよ。
心配かけたくないという親の気持ちはすっごく分かります。
私だって、私に何かあっても出来るだけ娘には心配かけないようにする。
しかも母からすると私はいつになっても心配性で泣き虫甘ったれの末っ子なんだと思う。
私の性格を知ってるからこその、母の思いやり。
だけど、こっちだって母の性格は分かっているわけで。
何でもオープンな母が隠す=癌など大病の可能性があると思って必要以上に不安に。
私は4年前に父を癌で亡くしているので、母がいなくなったら両親共にいなくなってしまうと思って凄く怖かったです。
結局どちらの性格もよく知る姉が、こっそり大まかな状況を教えてくれたおかげで、私は精神的に安定して知らないふりを通しつつ普段どおり母と話すようになりました。
親の心子知らずとはよく言いますが、子の心も親知らず。
親が思っているほど子供ではないし、親が感じている以上に子供は親のことを心配していることを分かって欲しい。
ちなみに12日の夜、母から改めて隠してごめんねという言葉と共に、これまでの経緯と今後の流れを聞きました。
9月に手術をするらしく、それでとりあえず悪化は防げるそうです。
もう本当ーに精神的に疲れました
それでブログも離れてたのですが、とりあえず落ち着いたので戻ってまいりました
これからはまた更新していきたいので、どうぞお付き合いいただけると嬉しいです
さてさて。
実家生活
娘は相変わらず人見知りゼロ。でも眠い時やご機嫌ナナメだとママ以外NGに?
帰省から3日間便秘にニコニコしていてもストレス感じていたみたい4日目からは毎日出るように
姪っ子2人のパワーが凄すぎるゆっくり昼寝させてあげられないことも
離乳食三回食にしたかったけど、母に新しい試みはかかりつけ医のいる自宅でやりなさいと諭され二回食のまま言われてみればごもっとも。



実家生活、久々の共同生活なので助かることも多い反面小さなストレスも多いのですが、一番のストレスが親戚付き合い。


父の死後、元々ゴチャゴチャしていた父方親戚のバランスが崩れ、悪化
しかも父方親戚は噂好き&一言多い&デリカシーない集まりなので、さっちゃんの手のことは秘密にしています。
なので、親戚が父の祖霊社に頭を下げに実家に来るたびに私たちは二階に避難
会わせると絶対に不快な思いをするので致し方ないのですが(これ以上親戚間で揉めると母がかわいそうだし)、なんだか娘の存在を隠しているというのがすっごく嫌。
普段名古屋では私の方の親戚付き合いはしなくていいし、夫は一人っ子でとっても気楽なので、なんだかなぁーって思っちゃいます
しかも田舎特有なのか?
当日に今から行ってもいいー?って連絡くるから迷惑ー
わっ!
久しぶりの更新が愚痴ばかりですみません
明日からは明るい話題が出来るようにします
みなさんもお盆休み、楽しんでくださいね
おやすみなさーい

親知らず 人と夢の間に ~Your Dream

こんにちは!やすこです

 

連日、小林麻央さんのニュースを見ます

多くの方から愛された彼女の生き様を

みていると涙が出てきます。

最後まで強く美しく生きた姿は、

これからも忘れられることはありません。

小林麻央さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

 

何かをきっかけに

初めて分かることってありますよね

私は、基礎体温をつけ始めて分かったことがあります。

今回は、昨日に引き続き基礎体温について

 

——————-

そうなんです。

35度台

 

それもほぼ毎日です。

 

表にしたら一目瞭然でした

ガタガタ、体温が低すぎて表に納まらない。。。

さすがに、表を飛びぬけた時は

これはやばいなと思いました。

 

以前、親知らずの抜歯をした際、

看護師さんから

“血圧はこれで正しいですか?”と

聞かれるほどの低血圧。

それに低体温症まで?!

 

どれも低いものばかリ・・・

 

 

でも、基礎体温つけるまでは

自分がそんな状況だなんて気づきませんでした。

冷え症なんて自覚もありません。

今回それを把握できただけでも良かったと思っています。

対策は地道にこれから進めていきます

 

東洋医学では多嚢胞性卵巣の原因は

血の巡り、気の巡りの悪さ

なのだそうです。

 

つまり、冷えも大きな原因の一つと考えられます

冷えの改善も多嚢胞性の改善への道なのですね^^

 

 

ではまた

 

PR

コメントは受け付けていません。