親知らず 人生を走り続ける人々へ。

PR

親知らずの夏、日本の夏。

抜歯した”親知らず” の痛みや
熱もおさまり少しホッとして
いるのですが
今日は、
会社を午前で切り上げて
妻の介護保険の継続認定調査です。
午後、区役所から認定調査員が
やって来ます

今年もまたやってきた!

という感じでしょうか
ウチの妻は
遺伝性の脊髄小脳変性症。
進行性の難病で
障害者手帳1級の
要介護1です。
最近のブロ友さん達の情報では
進行性の難病であっても
審査が厳しくなったのか
わかりませんが、等級の見直しで
要支援2になったという話を
チラホラ聞きます。
今日の調査員の方が
話を良く聞いてくれて
この病気の事を良く理解
している人だと
いいんですけどね

親知らず 縮まらぬ、距離を縮める、新幹線

先日お見舞いに来てくれた尊敬する2人に、似顔絵を描いて貰いました。
似てるかな(笑)
絵描きさんじゃなくて、シンガーソングライターの方ですが(笑)
さんです。
(クリックするとフェイスブックページに飛びます!!)
凄く素敵なナイスガイです!
歌を聴くと元気が湧いてきます(^^)
プリンとパピコも貰っちゃいました(笑)
本当に感謝感謝だ(T-T)
あと今日は竹原慎二さんの記事を紹介します!
膀胱癌で闘病された竹原さんに関して書かれてます。
僕もですが、最初に異変を感じてから病名が分かるまで半年以上かかりました。
ちょっと違うのは僕は歯科にずっと通っていたことです。
これだけ痛みが続いたらもっと早く気づかれてもおかしく無いと思うけど、これがなかなか異変に気づいて貰えないんですね。
丁度親知らずの治療のタイミングと重なってしまったのが発見に遅れた大きな原因ですが、やっぱり良い先生に診てもらえるかどうかが大切だと思います。
半年間色々な歯科で治療して貰ってましたが、最終的に親に紹介して貰った歯科の先生が初めて受診した日に異変に気づいてくれました。
このまま同じとこで治療受けてたらと思うと凄く怖いです。
皆さんも気をつけてください!!
じゃあの。(笑)

PR

コメントは受け付けていません。