イケボを綺麗に見せる5つのテクニック

PR

イケボがある

あれだけ騒いでおきながらベスヒで運持って行かれるの嫌で(舞祭組村移住前w)直前になって観覧応募すべて取りやめたけど応募して目の前で見たかった
鎖プレイ
(言い方w)

たまらんやないかーい

鎖に繋がれてる子たちキタ━(゚∀゚)━!
 この設定考えた人にすぐさまハムの人からハムを贈呈していただかねば
(えw)
繋がれた健永たまらんっ金髪のおかげで囚われた王子感がバリバリでちゃってて
ありゃまぁみたいなお顔なった太輔ぴーそして俊くんは鎖外せなくてテンパってる人みたいになってる
(撮るタイミングw)
だけど健永の何だか色気ムンムン感がたまらんではないか
健永からのメッセージ受信っ
(はいはいw)
今にもわたちゃんたかしにカンチョーでもしそーな体制で止めてしまってすまーん爆笑
(おいw)
かめはめ波ぁぁぁあああ
(だからそろそろ怒られろw)
ブルーにまみれた健永たまらなくかっこよすぅ
(えw)
ブルーぢゃなくなってもかっこよすぅ
(結局wそして何語w)
鼻から下が隠れてもかっこよすぅ
(しつこいw)
あら太輔ぴーでも頭頂部だけの健永もかっk…(強制終了w)
鎖を引きちぎる←ちぎれないwここたまらなく好きだわぁ
すんごい勢いで引っ張ってパーンって感じでたかしが解き放たれる感じイイ
この鎖、ハリボテだとばっかり思ってたんだけどもまさかの本物なのね
マイクに金属音が入る入る
そこにびっくりぽんで気になってしょーがねぇんだわ
(えw)
あの子たち相当重い思いをしてるんだろーな
(シャレぢゃないよw)←
あーこわぁーいこわぁーいこわぁーいっみたいなことになってるみつぅ
(だからタイミングw)
だがしかし、あの重みのある鎖があんなに跳ね上がってる時点でそりゃそーなるわな
で、健永が解き放たれるとこを期待してたのにまさかの引き画な上にほとんど見えてなーい
すんごい勢いで解き放たれたというのに
ぅりゃぁぁぁあああ
(言ってるわけないw)
解き放てよっ(イケボ)
(言ってないw)
けど、なんかオラオラ感出てる感じでとしくんかっこよすぅ
舞祭組ちゃん4人が解き放たれて3人が…
と思いつつの健永かっこよすぎて吐く死ぬ
(はいはいw)
え?三代目ですか?
(こらw)
またもやメッセージ受信ー
にーらめっこしぃーましょっわらったらまぁーけよっあっぷっp…(殴打)
あー、ニカ千尊い
かつてこんなにうつむいて誰もお顔見せないアイドルがいたでしょーか
(えw)
うんうん、駆け上がろっ
(えw)

 
なんかこの健永可愛くてお気に入りー
黒髪版新宿スワン
爆笑
(やめぃw)
わたちゃん髪の毛どーしたの
ブルース・リー
爆笑
(そろそろ誰か殴った方が良いよw)
健永、髪の毛焼きそばぢゃないのほんとにぐっじょぶ
たまらん
なんか太輔どついてる爆笑
すんごいお顔
ニカ千わっしょーい
クソかっこよい
からの…
この3人の並びの絶景
相変わらず上げたお手手を見るクセ強めなたかしちゃん笑
わたしの心には健永が必要だ
(だまれw)
髪の毛ぇぇぇえええ
そのくちびるちぎってちょーだい。
(しゃらっぷw)
?ブログランキング参加中?ポチっとお願いします(*^▽^*)

鳴かぬなら埋めてしまえイケボ

こちらは女性向けの18歳以上推奨シチュエーションCDの個人的感想およびネタバレとなります。興味のない方、ネタバレを避けたい方は自衛してください。 
今回は、
花鏡
からだされている
Rouge et Noir Eye in the Sky CV鷹取玲
です。 
※公式引用です。
新種のドラッグ「ルージュエノワール」を巡り、
港湾厚生局麻薬取締部とドラッグをばら撒いた犯罪シンジケート「ハウス」の攻防が続いていた。
だが拮抗していた形勢は「ハウス」内部に生じた綻びによって崩れ始める。
これを最大の好機と見なした特別広域捜査課(通称:特広)の課長周防衛士は、
「ハウス」壊滅のため自らも捜査に乗り出した。
特広に所属する新人麻薬取締官であるあなたは、
強引すぎる周防の捜査手段に反発しながらも、徐々に周防との信頼関係を築いていくが――。 
こちらのCDは8月30日(本日)発売されたCDとなっています。
完全にネタバレを含みますので聞いていない方は回避してください。
自衛ですよ!自衛!
聞きたてほやほやなので感想はかなり甘めになっていると思います。 
このシチュCDの
ざっくりした感想としては
イケオジに甘やかされながらも、事件解決に向かって突き進むお話し。 こんな方にお勧め
・シナリオとヤラシイシーン両方欲しい方
・特殊状態でのヤラシイシーンを聞いてみたい方
・鷹取さんの低いお声が好きな方   やらしい度
★★★★☆ シナリオ
★★★★☆   では細かいネタバレは↓へ。 ネタバレ回避の方はここまでで!                   
シリーズものの第4弾となってはいますが、もちろんこれだけでも楽しめます。
ただ、第1弾から3弾の方のお名前や背景なんかが語られますので、
聞いているとより鷹取さん演じる周防さんの良さが分かると思います。 周防さんの年齢は書いていませんでしたが、単純計算で予想するにこの課長イケオジです。
そして、初っ端からものすっごい低い声のイケボです。
たぶん、鷹取さんの中でもかなり低めの声で演じられていると思います。
お話しとしては、第3弾で主演だったアーレンさんが日本から逃亡しいなくなった後
というお話ですので、前半はだいぶ落ち着いた話の流れになっています。
おっとこのまま終わるのかー?なんて思っていたら、そんなことはありません。
後半は怒涛の展開でございます。私は油断していて、大音量でカーチェイス音を聞いてしまいびっくりさせられました。
余談ですが、1弾で主演だった真壁さんの声が入っていたらよかったのに~なんて思ってしまいました。
真壁さん、このCDではかなりこき使われているのかよくお名前が出てきます。
あと、周防さんが飼っている猫のお名前トレーボルはスペイン語でトランプカードのクローバーです。一応アニメイトさんの予約では名前の由来も語っておいでです。 ヤラシイシーンは2.5回。0.5は味見程度って感じでしたので、1回未満といったところでしょうか。
1度目はこのシリーズの特徴である「キメセク」。すごいです。
理性的だった周防さんがものすっごい獣になってました。ジュルジュルされるのもすごいし、
低ーい声で囁かれる感じなんてたまりません。すごいとしか言えません。
2度目は通常の感じなのですが、前回紹介させていただいた宝梅さん(→☆)の時よりは
「お声」がでています。それでも前3作の方々に比べると「お声」は静かだと思います。
なのにヤラシイのは何故なんでしょう。不思議だなー。 ただ、シリーズを通して1点どうしようもないのはわかっているんですが、
「薬」の発動時間がバラバラなので、「都合がいい薬だな。」とは思いました。
少しほっとして脳内麻薬が切れたから、薬の効果が発揮されたという事の理解でいいんでしょうかね。1弾真壁さんは空気中の成分を吸って  →数時間後
2弾来栖さんは空気中の微弱な量を吸って→(おそらく)1時間以内 
3弾アーレンさんはカプセルを口腔粘膜から直接→即効性
4弾周防さんはルジュノアの似た成分の薬を静脈注射→数時間後
と、まあマイナス部分は書きましたが、このシリーズ十二分に楽しむ事が出来ました。
タイトルコール前から流れ始める音楽が聞こえてくると、今回はどんな流れになるのだろうとワクワクさせてもらいました。
一旦これで打ち止めだとは思いますが、花鏡さんにはぜひともこのシリーズの続きを作っていただきたいと思える作品でした。
そして公式さんではファンブック製作が決定という事ですが・・・CDじゃないんだ? ちなみにアニメイト特典さんでした。さらっというと猫の有効活用&嫉妬エッチ とりあえず、私はもう一度真壁さんのバディになってきます!たぶんもう一度聞きなおしたら、
もう少しこだわりが見えてくる気がする。 ↓PCが死にかけている私に元気をください・・・。1時間のCD読み込むのに3時間かかる・・・。 
にほんブログ村

PR

コメントは受け付けていません。