個人向け国債のすすめ

コラム

国債と言うと借金のイメージがあります。

国の財政を補填するために発行する、借金であると。

しかも、莫大な金額が発行されているため回収不可能なイメージがあったりもする所です。

しかし、実際国債は投資商品として非常に価値のあるものと言えます。

アルゼンチンにてデフォルト(債権不履行)がありましたが、海外からの債権があったためで、日本では自国内の国債がほとんどなのでその心配は少ないと言えます。

しかし、インフレなどで価値そのものが下がり損をすることは考えられます。

そのため比較的安全性は保たれていると言えます。

個人向け国債も多くクローズアップされるようになりました。

5年や10年と期間が短く、銀行や郵便貯金よりも金利が高い個人向け国債はかつてのイメージよりも安全性は高いと感じられます。

国に対し投資するという大げさなものではありませんが、ちょっとした手助けになると考えると他の金融商品とは違った見方が出来るかもしれません。

また個人向け国債を発行することにより、国の経済の動きや、政治に関心が持てるようになる利点があります。

身近な銀行で購入できるし少額からでも可能なので、興味がありましたらどうでしょうか?

関連記事
  • 不動産投資の低迷がチャンス

    不動産投資が一時期盛り上がりました。商材等により単純と感じられた個人投資家が、FXと同様に急増した結果、運用に困り果てていらっしゃいます。コンサルタント業のある ...

    2011/04/09

    コラム

  • 稼ぐための楽は限られる

    稼ぐということは、楽してできるものではありません。特に、利益を生み出す部分で楽をしようという方が多くみられます。そんな肝心なところを楽して、稼げると本当に思える ...

    2011/04/03

    コラム

  • スイスフランが上昇気流

    現在、スイスフランに投資家たちが大変注目をしているようです。中東の問題が横棒状態の中、急上などはしていませんが、ジリジリとグラフを上昇気流に乗せていると注目され ...

    2011/04/01

    コラム