情報起業 〜著作権法違反について〜

コラム

情報起業家が気をつけなければならないことって何だと思いますか?

情報商材を販売するには、自分の興味があるものを追求しそれらの情報を提供したり、自分の知識や技術を提供することが大切ですよね。

しかし、情報起業家の中には、本をそのまま丸写しにしたり、他のサイトの文章をそのまま転載していたりする人もいるようですね。

実はこれらの行為は、著作権法違反となり捕まってしまうのです。

アフィリエイターの逮捕者なんて見つからないよと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にアフィリエイターが著作権法違反の疑いで書類送検されました。

2007年5月に、本の文章を無許可でサイトに掲載していた大阪府堺市の男性が著作権法違反の疑いで書類送検されているんですね。

このように著作権ということを知らなければ、知らず知らずに罪を犯している可能性もあるのです。

本などで知識を得た場合であっても、その本をそのままコピーしてしまっては著作権違法になってしまいますし、語尾を少しだけ変えた場合でも、著作権違法の疑いになってしまいます。

ですので、様々な方向から得た知識を自分の言葉で表現することが大切なのですね。

情報起業をするにあたって、まず頭に置いておかないといけないのが著作権というものなのです。

関連記事
  • 不動産投資の低迷がチャンス

    不動産投資が一時期盛り上がりました。商材等により単純と感じられた個人投資家が、FXと同様に急増した結果、運用に困り果てていらっしゃいます。コンサルタント業のある ...

    2011/04/09

    コラム

  • 稼ぐための楽は限られる

    稼ぐということは、楽してできるものではありません。特に、利益を生み出す部分で楽をしようという方が多くみられます。そんな肝心なところを楽して、稼げると本当に思える ...

    2011/04/03

    コラム

  • スイスフランが上昇気流

    現在、スイスフランに投資家たちが大変注目をしているようです。中東の問題が横棒状態の中、急上などはしていませんが、ジリジリとグラフを上昇気流に乗せていると注目され ...

    2011/04/01

    コラム