検索エンジン広告とは

コラム

アフィリエイトを実践する上で、重要な役割を果たすことになるのが「検索エンジン広告」です。

さて、検索エンジン広告とはいったい何でしょう?

検索エンジン広告とは、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンの「検索結果画面」に掲載されるクリック課金型のインターネット広告のことです。

広告主が任意に選択したキーワードの検索結果画面に広告を掲載することが出来ます。

現在、日本で利用できる検索エンジン広告は主に2種類あります。

ひとつはGoogleやBIGLOBE、@niftyなどの広告を掲載できるGoogle社の「アドワーズ」。

もうひとつはYahoo!JAPANやmsn、FreshEYEなどに広告を掲載できるオーバーチュア社の「スポンサードサーチ」です。

検索エンジン広告では、どのようなキーワードで検索が行われた時に広告を表示するか、ということを広告主が自由に選択することが出来ます。

このキーワードの数にも制限はなく、広告出稿から実際に掲載されるまでの期間が短いのも魅力的です。

(アドワーズでは一部を除いて広告出稿後すぐに掲載開始、オーバーチュアは5営業日以内に掲載開始です。)

これによってスピーディーに検索エンジンからのアクセスを確保することが出来るのです。

関連記事
  • 不動産投資の低迷がチャンス

    不動産投資が一時期盛り上がりました。商材等により単純と感じられた個人投資家が、FXと同様に急増した結果、運用に困り果てていらっしゃいます。コンサルタント業のある ...

    2011/04/09

    コラム

  • 稼ぐための楽は限られる

    稼ぐということは、楽してできるものではありません。特に、利益を生み出す部分で楽をしようという方が多くみられます。そんな肝心なところを楽して、稼げると本当に思える ...

    2011/04/03

    コラム

  • スイスフランが上昇気流

    現在、スイスフランに投資家たちが大変注目をしているようです。中東の問題が横棒状態の中、急上などはしていませんが、ジリジリとグラフを上昇気流に乗せていると注目され ...

    2011/04/01

    コラム