郵送徹底攻略

郵送

気になる郵送のお買い得情報をお届けします。

HORACの料金が高すぎる件。

前にも書きましたが、HORACでの治療高すぎませんか!?

一例をあげさせていただきますが、、、

超音波一回    4300円

ホルモン採血(E2・FSH・LH)  6300円

諏訪マタの超音波は一回1500円だったよ

E2、LH       1420円

FSH、LH、PRL   1500円

これはもう近医で検査受けて、採卵だけお願いするってのが

一番良い気がする。(なかなか見つからないけどね。)

ただ、めんどっちいことに

「最後の採卵決定はウチでやりたいので、病院に来てください。」

「だいたい14ミリ位になったらですかねぇ。」

と。。。そこから一体何日滞在すればいいのやら。

東京からですよ。。。

そんな簡単にホイホイ行けないよ。仕事もあるのに。。。

やっぱ遠方は大変だよ。

これだけやってもオーグメント療法の成功は2?2.5割っていう。

なんだかなぁ。

足元見られてる感じです。

病院自体がもう高級ホテル仕様ですから、お金がかかってるっていうのは

一目で理解できます。

全てがラグジュアリー。

ソファも絨毯もトイレもカフェも受付嬢達のネイルも。。。

そこまでする必要あるのかなぁ?

先生も看護師も受付の方も対応は完璧に良いですけどね。

唯一すごーって思ったのは、受精卵を撮影してタイムラプス動画を作ってくれるというところでしょうか。。。必要?

治療だけでなく、統合医療って言って栄養指導、ウォーキング指導

色々あるけど、全部お金取られます。(相談するだけでも。)

その割に、病院の負担が少なくないか?

自己注射指導(5000円)して、注射は全員自分たちで。

近医も自分で探してください。

注射は郵送しません。

日曜やりません。受付は3時半まで。

患者のためっていう感じがしないんですよ。

繰り返しちゃうけど、目の前の対応だけはすごく良い。

金持ち相手なんだろな。。。うん。

そんなに高いならやめればいいじゃん、納得出来なければやらなきゃいい。。。

ってわかっちゃいるんだけど、、、

けどね。。。

普通の体外受精ならやってなかったと思う。

唯一惹かれているオーグメント療法、これだけ。

以上愚痴でした。

郵送でおしゃれに演出

(一部、過去の投稿と被る箇所があります)

葬儀の翌日。

この日は、離婚調停の結審でした。
夫との離婚が成立するはずでした。
でも夫はいなくなりました。
午前中の調停であったため、8時半に裁判所に連絡をしました。
電話をして、担当の書記官さんに代わってもらいました。
「もしもし。今日の調停なんですが…」
言い淀んでいると、書記官さんが
「大丈夫ですか?鯛子さん、もしかして体調が悪いとか?」
と心配してくださる声がきこえました。
「あの、実は夫が亡くなったんです」
「ええ??いつですか??」
「正確にはよくわからないんですけど、年末のようです」
書記官さんが絶句するのがわかりました。
「あ、自殺じゃないです」
この言葉、この後何十回も言いました。
自殺じゃないんだな。
実父とは違うんだな。
それだけは、子の心の傷が浅く済んでよかった。
気づくと、書記官さんが何か話していました。
「あ、ごめんなさい。何でしょうか?」
「今後のことですが、手続きとして、夫さんが除籍された戸籍謄本を提出して頂いて、調停が終了になります」
そっか、死別なんだ。
離婚じゃなくて、死別で終わるんだ。
葬儀の時には考えがそこまで至っていませんでした。
「どのみち終了なので、急いで手続きしなくていいですよ。郵送でも構いませんよ」
とアドバイスされて終わりました。
そっか。あの調停人さんたちにも、もうお会いできないのか。
最後にお礼言いたかったな。
一応、向こうの弁護士にも伝えておこうと、事務所に電話しました。
弁護士はすでに外出していて(裁判所に向かっていたのでしょう)、なら私から言うこともないわ、裁判所で聞けばいいと思い、何も伝えず切電しました。
今日これからどうしよう、と思いました。
子は学校に行きました。
結局、忌引きは一日も使いませんでした。
子とは、葬儀の夜話をしました。
「どうして泣かなかったの?
まだ現実味がないとか、父ちゃんのこと憎んでるとか?」
すると子が違うと言いました。
「気持ちが強いから」
と言いました。
びっくりしました。
子はどちらかといえば優しい子で、泣き虫ではないのですが、悔し泣きをします。
そんな言葉が出てくると思いませんでした。
子の行動については、担任の先生や顧問の先生も心配してくださいました。
まず普通に学校に来ていることが驚きです、と。
これついては、その後家庭訪問があったので、順を追って書いていきます。
私も現実に戻らないといけませんでした。
シフトがたまたま休みで、今のところ会社にはあまり迷惑をかけていませんでした。
仕事に行こうかな、と一瞬思いましたが。
やることがたくさんあると思い出しました。
食器や荷物も取りに行かないと。
でもまずは役場へ。
戸籍謄本を出さないといけないところがたくさんあります。
取り急ぎ、役場に寄ってから、住宅ローンの借入先の銀行に行くことにしました。
団体信用生命保険の適用を受けるために。
銀行に予約の電話を入れてから、役場に向かいました。
この日を境に、私の出かける先といえば公共機関だけ、の生活が始まりました。
裁判所、年金事務所、役場。
あとは公認会計士さんと弁護士さん。
感情の別れは葬儀で終わりましたが、現実にはまだ夫婦。
夫婦の終わりを迎えるには、険しい道のりが待っていました。
関連記事
  • 見ろ!郵送 がゴミのようだ!

    郵送の大合唱こんばんは森咲です(・∀・)いつもblog見てくださってありがとうございます!!コメントも一つ一つ見させていただいてますやっぱり家族が褒められると嬉 ...

    2017/11/23

    郵送

  • 郵送に自信

    完璧な郵送など存在しない前回、高嶺祖母の差し金の坊主に騙されて、潤子は玄関に飾る用の花を生けますが、玄関にそぐわないと理由で、高嶺祖母に生けたお花を捨てられると ...

    2017/11/21

    郵送

  • 郵送でムードアップ

    郵送関連商品がすべて揃う楽天市場//こんにちは!イメージ&ヘアスタイリスト好感トレーナーカナです渡辺直美さんの影響力すごいですねぇ?先日このブログの中でも渡辺直 ...

    2017/11/20

    郵送