降臨がこの先生き残るためには

降臨

降臨が今ネット通販で人気上昇中、楽天ショップでの比較買いがお得ですね

こんばちわ

何でしょうか?
結構長い時間、風雨が続き
夜中過ぎには静かになってきました。
台風、コードブルー
そして、sound tripperのハガキ
昨日は、ぷりん的にも大荒れ
とにかく、LINE、ツイリプ
ブログのメールが大量生産
アメ申、すげーことになってるなと
思ったら、どうやらラジオでハガキが
読まれたとのこと
帰宅してラジオを聴いて
とにかくあ?死んだ
山下、あのムムムな下手過ぎる字を
読んだんかな?
スタッフの台本かな?とか
この人、誠心誠意
本当に真面目に答えてくれよるど
゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚
ぷりん呼び捨て
もう、好き?
再び死亡
 
山P、スタッフの皆さん
ありがとう
棺おけまで持って行きます
ヾ(*´∇`)ノ
アドバイスを胸に頑張ろうと思った、2017年夏
沢山のコメントやメッセージを
ありがとうございます。
Twitterも沢山のRTやいいねを
ありがとうです。
ブログに書いてくれたブロガーさま
ありがとう
最高で最良な日になりました
出来れば、こんな日を何度でも更新したいね
ツイてない日々があったから
最高と思える日も楽しめるのかなと。
あえて、ツイてない日に想いを馳せるおいらは
究極のドMかよ?(; ̄Д ̄)?
そんな自問自答をムダに繰り返すのであったww
この記事も嬉しい
超然とした佇まい
何と
先週、山Pと亀梨で食事したとか
そして、風磨サマパラに山下智久降臨
村上くんとの並び、見てみたいよ
∞メンと、一緒になるなんて…。
そういうこと
山Pに手を振ってしまう松村北斗くん
いやいや、そうなるよ?
山下だよ?
コードブルー第4話は
橘先生サイドの悲しいシーンと
藍沢&新海のスペクタクルなオペシーンとの対比
で見せていく回でした
合間に、緋山と料理人との交流も
あったけど、、
バーのシーンが継続されてて嬉しかったな。
4話、視聴率は
13.8%でした
台風情報の中、検討したよね
新海とのコンビネーションが
安定感あって凄く良かったです
ステージを超えた者同士
ライバルとはいえ、、お互いに
認め合えていて2人は美しい。
救命とは、また違う世界で
切磋琢磨してきたからこその阿吽
特に問題はないけど
藍沢と新海になら
頭、視て貰いたいと思うwww
チラリと見やる藍沢先生の視線
あ~たまらん
名医感、ハンパない
医者は負けず嫌いだ
このバイパス手術のシーン
めっちゃカッコ良かった
ふまけんのこんなシーンを実現させた
立役者、山下智久
ちょっと待って?
山P
【今の趣味は菊池風磨】って
これ、どーゆーこと?ww
ホントお気に入りなんだ
音楽的な趣味も似ているんだろうな
有岡大貴くん演じる名取について
教科書通りだ
マニュアルのままだと指摘するように
親に言われるがまま
医者になって、救命に来て
レールの上しか歩いてない印象だろうね
ありとあらゆる場面や状態、感情が
入り交じる現場において
教科書がどのくらい通用するのか?
藍沢は名取に、受け身ではなく自発的なアプローチが
出来る医師になって欲しいのかなと思った
新しい症例や、術式の勉強をして
自身をもっと高めて欲しいのかなと
マスクして、目だけで演技が
出来るって、、山下智久凄くね?
(; ̄Д ̄)?
5話では、名取に重大な判断ミスが…。
失敗してからの逆襲に期待ですな
4話
特に藍沢の覚悟が見てとれた
奏の手術説得のシーンだ
眼差しが、強くて深くて清らかで安心感ある
君は強いな。

手術してもどうなるか分からない
リハビリも辛いかもしれない
しかし
また、同じようにピアノを弾ける可能性だってある
(生きていればこそ。)
この表情で、大丈夫だ
約束するなんて言われたら
患者はつり橋効果で
間違いなく藍沢先生を好きになるじゃん
どのみち今のままでは、ピアノは弾けない
藍沢は、奏のピアノが好きなんだろう
楽しげにピアノを弾く奏を見たいんだろう
死なせたくない
生きていて欲しい
医者は神でも何でもないが
時にシシガミのように患者を救う
処置よりも大切なんじゃないかと
思えるほど、感情や気持ちに寄り添うってこと
身体と心
人間は、2つのバランスで成り立つ
コードブルー2ndで
藍沢は「愛と勇気だけでは患者は蘇らない」
とナレーションをしているが
1stや、2ndのある意味
アンサーでもあるかのような藍沢耕作の進化
これは、自分への挑戦でもあるのかな
奇跡を願わない医者はいないからね。
訴訟も厭わない覚悟
今なら負ける気がしない
全てを手放して
絶対上手くいく
LET IT GOの歌詞とリンクしてしまう
何かを決意した山下智久の演技が
大好き
メリージェーン洋子の店では
この藍沢専用シートw
おかわりカラカラも
ピスタ
チオタワーも健在
癒しをもらっている方も
誰かの癒しになっている
お返事が遅くなっていますが
少しずつ返信していきますね
引き続きアメ申は
一言メッセージなり、コメなり
入れて下さいませ。
m(__)m
3話までとは、違う藍沢先生の
清々しくも闘いに燃える熱視線しゅてき
一生涯主治医

降臨の原点へ。

私『ふうううううーーー!!!』
いきむ度に
身体の組織を破壊しながら
その位置が下がってきてるのが解る。
股が痛い、骨が痛い、尻が痛い、
いきまなくても陣痛は痛いし、
いきむ分だけ位置が動いて痛い。
でも早く出さなきゃ、
赤ちゃんも苦しいし、
私も苦しい!!!!
きっと今
お尻の穴に巻き取り笛を刺したら
余裕で100本は鳴らせるだろう。
いきむ度に、こう。
まあ、尻に100本なんて
入る訳ないんですがね。
助『せーの、ふううううー!!!』
私『ふうううーー!!!』
後ろからは旦那が、
横からは助産師さんが
陣痛に合わせて背中を押してくれるから
指導の通りお腹を見ながらいきむ事が出来た。
でも陣痛の波が終わると
2人ともあっさり手を離す。
私はトイストーリーのおもちゃ顔負けの
脱力感で分娩台に叩きつけられる。
『私さーん、私さーん』
ワッショイワッショイと
祭りの様な掛け声の中に
聞き覚えのある声。
私『あ、ああ、…』
先生『頑張ったね、あと少しだよ、頑張ろう』



私『し、しぇんしぇーーー!』
 龍馬、降臨。
私『先生、先生、先生!
   〇〇ちゃん先生??!!』

愛しの愛しの〇〇ちゃん先生登場。

まるでの前世で生き別れた伴侶の様に
手を握ってしまった。

先生『あとね、赤ちゃん頭出るだけだからね、
     私さんなら頑張れるよ、大丈夫』
もう、ね、本当
この声、この笑顔、
私が取り乱さない様に気を使ってくれる優しさ、
なんかもう、一気に込み上げてしまって。
(女医さんです、私はノン気です、多分先生もノン気で長女の時からお世話になった先生でファンなのです。)
私『ふあああ、会いたかった、会いたかったです、先生ーー』
まさか、我が子の顔を見る前に
先生の顔を見て泣くとは思わなかった。

そんな感動の再会も束の間、
この頃から陣痛の波が去っても
お尻の骨やおまたに激痛が残ったままだった。
私『なんでなんで??陣痛行ったのに
    痛いよ?痛いさ??痛いじゃんね!
    何これ無理無理無理!!!』
先生『あと2回で出ますよー』
私&旦那『えっ、2回??』
ピーピー騒ぐ前に
おまたに違和感が。
陣痛とは別に
熱い様な痛い様な抓られてる様な痛みが
一気に襲う。
私『あああああああ!待って待って、何か
    痛いじゃん、熱いじゃん!』
助『仰け反らない!足閉じないよ!!』
私『だって陣痛じゃないよ、陣痛じゃないよ
    おまた熱いよ!陣痛と違うのも
    混ざってるよ!』
多分、裂けたか切開したのだと
頭の隅で浮かんだけど、
怖くて聞けない、ただ体感を実況してしまう。
私『ほら右よ?!2時の方向が特に!
    熱いよ??痛いよ??待って、熱い!』
先生『いきまないでいきまないで!
      力抜いて私さん!』
私『えっ!』
助『ハッハッハッってして!
   ハッハッハッってして!』
私『ハッハッハッ
    ハッハッハッ』
先生『次の波で肩を出すからね、優しくいきんでね』
私『優しく、、、、いきむ?』
陣痛がくると勝手に押し出そうとする
身体の中の謎の勢力を
押さえつける。
私『んんんんん??!!!』
生暖かい感触が股に広がって
ズリュンっ!!と通り抜けていった。
私『おふっ!!


腰、尻、骨盤、下腹部、お股の奥、お股、
全ての痛みが消えた。
!!
関連記事