ASPサイトに出てくる用語

コラム

ASPは、インターネットを中心に成果報酬型広告を配信するサービス・プロバイダのことです。

このASPサイトにログインした時に、いろいろな用語がありますよね。

その意味ってみなさんおわかりですか?

中でも、アフィリエイターに一番近いクリック数に関する用語についてお話しします。

まず、「C」。

これはきっと皆さんお判りだと思いのすが、クリック数のことです。

この「C」の数が、自分のサイトに貼ってある広告がクリックされた数なのです。

では、「I」。

これは、インプレッション数で、表示された回数をあらわします。

クリックされていないものでも、とにかく自分のサイトにその広告が表示された回数を示します。

そして最後に「C/I」。

これは、クリック数をインプレッション数で割った割合です。

つまり、訪問した人のどのくらいの割合の人が、広告をクリックしたかという数字になりますね。

「C/I」が10%なら、10人訪問して1人クリックしたというわけなので、「C/I」を見れば、自分が貼り付けている広告が、有効的なものかどうか一目瞭然です。

このように、自分の広告状況が、適しているか否かをチェックして改善することも、アフィリエイトで成功するひとつのコツですよ。

関連記事
  • 不動産投資の低迷がチャンス

    不動産投資が一時期盛り上がりました。商材等により単純と感じられた個人投資家が、FXと同様に急増した結果、運用に困り果てていらっしゃいます。コンサルタント業のある ...

    2011/04/09

    コラム

  • 稼ぐための楽は限られる

    稼ぐということは、楽してできるものではありません。特に、利益を生み出す部分で楽をしようという方が多くみられます。そんな肝心なところを楽して、稼げると本当に思える ...

    2011/04/03

    コラム

  • スイスフランが上昇気流

    現在、スイスフランに投資家たちが大変注目をしているようです。中東の問題が横棒状態の中、急上などはしていませんが、ジリジリとグラフを上昇気流に乗せていると注目され ...

    2011/04/01

    コラム